So-net無料ブログ作成

ねんがんの はっさく大福 を てに いれたぞ [グルメ?]

「はっさく大福」は因島の銘菓として知る人ぞ知る存在でした。
私が初めてその名前を聞いたのも尾道出身の人からだったと思います。

しかし、生のはっさくを材料に使用しているため、日持ちがせず、はっさくが手に入る時期にしか販売されない幻の銘菓でした。

それがテレビなどで紹介され、今や人気は相当なものに。

そしてついに昨年の11月から、広島駅でも買えるようになりました。

広島へ行ったついでに買ってきました。

12062901.jpg
はっさく大福。

はっさくの苦みと白あんの甘さの絶妙なバランス。
はっさくのみずみずしさもしっかり味わうことが出来ます。

このはっさく大福が手にはいるのは、広島駅2階新幹線改札前のおみやげ街道。
もみじ饅頭の隣で専用の冷蔵ケースで売られていました。

新幹線改札内のおみやげ売り場では売ってないのでご注意。
タグ:グルメ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。